ごあいさつ Greating

広島舗材は、舗装工事に使用される道路用資材を取扱い、その中で主要材料とされるアスファルト混合物の製造販売を行い、また工事現場から排出されるアスファルト廃材やコンクリート廃材を受入れて、99%以上のものを再生するリサイクル事業も行っています。

弊社の前身である株式会社NIPPO広島合材工場は、昭和48年、緑豊かな自然に囲まれた広島市安佐南区沼田町で操業を始め、約43年間広島市内を中心に高速道路から幹線道路、ご家庭の駐車場までさまざまな舗装工事の現場にアスファルト混合物を出荷し、広島の「まちづくり」の一翼を担ってまいりました。

その歴史と伝統のある広島合材工場のすべてを継承し、平成28年10月1日に広島舗材は誕生いたしました。
広島舗材のイメージカラーは「赤」です。広島カープのように地元のみなさまに愛され親しまれる会社を目指し、キメの細かいサービス向上に努めてまいりたいと考えております。

NIPPOの精神である「確かなものづくり」に基づき、高い技術を伝承し、あらゆる可能性に挑戦し続けて、HIROSHIMAの未来の「まちづくり」に貢献できる企業を目指します。